京都市呉竹文化センター

〒612-8085
京都市伏見区京町南七丁目35番地の1
TEL:075(603)2463(代)
FAX:075(603)2465

トピックス

2016.11.07 京・伏見音楽サークル和音によるアウトリーチ活動を実施いたしました。(活動報告)

パートナー団体に選定されているママさんブラス「京・伏見音楽サークル和音」ですが
今年度も色々な場所でミニコンサートを実施し皆様に楽しんでいただいております。

5月5日(木・祝)イオンモール京都、7月22日(金)老人保健施設 桃寿苑、
8月5日(金)ソラスト伏見、9月7日(水)竹田幼稚園、9月17日(土)レーベン横大路
9月29日(木)老人保健施設 桃寿苑、10月15日(土)京都市立羽束師小学校

 


年明けの3月2日(木)には京都市呉竹文化センターホールに於いて
無料公演を予定しております。
是非お越し下さい。

2016.11.02 東ホワイエで、ふしみ学園さんの展示がはじまりました。

東ホワイエでふしみ学園創作班、「アトリエやっほう!!」の絵画を展示しております。

期間:平成28年11月2日(水)〜平成28年11月30日(水)

今回は嶋津仁さんの作品を展示しております。
素敵な出来栄えを是非ご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

2016.10.29 墨染交響楽団によるアウトリーチ活動を実施いたしました。(活動報告)

 10月29日(土)、パートナー団体の墨染交響楽団のメンバー11名によるアウトリーチ活動を、 「秋のコンサート」と題して、京都市伏見老人福祉センターで実施いたしました。

 

 

 弦楽四重奏、木管五重奏などで、「星に願いを」「コーヒールンバ」ビートルズメドレー」「フォスターメドレー」などを演奏、「日本の秋」「日本の歌」「歌謡曲メドレー」ではお客様も一緒に口ずさまれていました。

 

 

 

 最後は「花は咲く」。会場の皆様も一緒に歌われました。

 アンコールは「川の流れのように」。なごやかな時間を過ごすことが出来ました。

2016.10.25 10月23日、地域の伝統文化との出会い「伏見の民謡と京のわらべうた」を開催しました。

平成28年10月23日(

地域の伝統文化との出会い「伏見の民謡と京のわらべうた」

を開催しました。

 

 地域の伝統文化との出会い第5弾は、民謡とわらべうたです。それぞれをレパートリーとする二つの合唱団に出演いただきました。

 

 

 「伏見の民謡」を歌う、民謡合唱団篝(かがり)の皆さん。

 

「酒造り唄」「淀川三十石舟唄」「竹田の草履作り唄」「石場搗き唄」「竹田の子守唄」などに加え、宇治の「茶摘み唄」「茶より唄」などを披露しました。

 

 

 「京のわらべうた」を歌う、みやこ・キッズ・ハーモニーの子供たち。

 

 「丸竹夷」「寺御幸」「とおりゃんせ」「かごめかごめ」「一条戻り橋」「祇園祭りのお札売り」「京の大仏っつあん」「らかんさん」「いんでこ大文字」など、古くから伝わるわらべうたを、輪唱にしたり、遊びながら歌ったり。

 新作わらべうた「地下鉄烏丸線の歌」「ひいふうみいの歌」「京の暦歌」も披露しました。

 

 最後は合同で「ふるさと」を歌います。

 

 

 お客様からは、

  「長い間伏見に住んでいるけれど、こんなに民謡があるとは知らなかった。」

  「杜氏の方言、酒蔵からもれてくる湯気、唄…思い出します。今日初めて意味がわかりました。」

  「男声は力強く、女声は澄み切って、子どもたちは可愛らしくて素晴らしかった。」

  「幼い頃を思い出して、思わず涙が出ました。」

 などのお声をいただきました。

 

 たくさんのお客様にご満足いただきました。お天気が心配でしたが、お越しくださった皆様、ありがとうございました。

2016.10.21 大谷大学落語研究会によるアウトリーチ活動を実施いたしました。(活動報告)

10月18日(火)、呉竹寄席でお馴染みの大谷大学落語研究会の学生によるアウトリーチ活動を伏見板橋学区社会福祉協議会の敬老会で伏見青少年活動センターで実施いたしました。

 

賀茂乃画用紙(かものがようし)さんには「掛取り」を、淀の鳥甲(よどのとりかぶと)さんには「片棒」を演じていただきました。

 

お集まりいただいた大勢の皆さんには一杯笑っていただきました。

 

大谷大学落語研究会の皆さん、伏見板橋学区社会福祉協議会の皆さんありがとうございました。

2016.10.14 ことばのない人形劇「家へ帰ろう」を開催します。【11月12日(土)・13日(日)】

ことばのない人形劇

『家へ帰ろう』

を開催します。

 

 洗練されたセンスと詩的な世界観を持つデンマークの「シアター・リフレクション」と、シンプルでエレガントな表現で子どもの想像力を羽ばたかせるアイルランドの「シアター・プラナー」、2つの劇団の共同製作作品『家へ帰ろう』が、今年で7回目を迎える京都国際舞台芸術祭<KYOTO EXPERIMENT>の企画の一環として、京都市呉竹文化センターへやって来ます。

 

 クローゼットでみつけた飛行機に乗って、宇宙へと旅立つ一人の男の子。待ち構えている予期せぬ困難。言葉を使わずに、しなやかな人形の動きと音楽で表現される男の子を、皆さんは思わず両手で抱きしめたくなることでしょう。

 

 この貴重な機会に、愛と勇気と優しさに包まれた冒険物語を、お子さんと一緒に是非ご覧ください!

 くわしくは公式ウェブサイトへ。

 

 

日時・会場

 11月5日11:00/14:00 11月6日11:00

   京都市右京ふれあい文化会館 創造活動室

 11月12日11:00/14:00 11月13日11:00

   京都市呉竹文化センター 創造活動室

 

  開場はそれぞれ15分前、上演時間は40分です。

 

チケット

  高校生以下 500円  ※4歳以上。4歳未満は入場できません。

  一般 1,500円

  ユース(25歳以下)・学生・シニア(65歳以上) 1,000円(要証明書

  ※当日券は各500円増しです。(高校生以下は同額)

  ◎お得な団体特典があります!

   高校生以下5名につき一般1名無料になります。

  ※車椅子でお越しのお客様は、各料金の500円引きとなります。

   介助者1名無料です。お席を指定する場合がございます。

 

チケット取扱い

 KYOTO EXPERIMENTチケットセンター 11:00〜20:00 日曜・祝日休

 オンライン www.kyoto-ex.jp [セブンイレブン引取] 無休・24時間

 電話予約 075−213−0820 [セブンイレブン引取]

 窓口 京都市中京区烏丸通蛸薬師下ル手洗水町645 floating KARASUMA 2F

 

その他お問合せは 075−213−5839 (平日11:00〜19:00)まで。

 

 

 

 

2016.10.02 東ホワイエにて写真の展示がはじまりました。

 

東ホワイエショーケースで「フォトクラブ 呉竹写楽会」による写真の展示が始まりました。

期間:平成28年10月3日(月)〜平成28年10月31日(月)

 

「趣味の写真をご覧ください」とのコメントをいただきました。お楽しみ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

2016.09.25 9月24日、第6回市民創造ステージ「上を向いて歩こう」を開催しました。

平成28年9月24日(土)

第6回市民創造ステージ「上を向いて歩こう」

を開催しました。
 

 毎年恒例の市民創造ステージです。今年も昨年に引き続き、様々なジャンルから8組の演奏団体の方々に出演いただきました。

 

1.藤森太鼓保存会

 藤森太鼓は11年前の「藤森神社創建1800年祭」への奉納演奏へ向けて結成されました。

 

 

 

 

 

 

2.Wind Ensemble 響輝

 吹奏楽は大勢で演奏しますので、みんなの出す音がピタッと合わさった時の気持ち良さが最高です。

 

 

 

 

 

 

3.京都プレーンハープの会

 プレーンハープは簡単に演奏できるんです。ここに楽譜を挟んで、音符のところをつま弾くだけで、ほらっ、演奏できましたでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

4.オカリナアンサンブル華

 オカリナは音を出すのは簡単なんですが、音程を取るのがとても難しいんです。

 

 

 

 

 

 

5.中国民族音楽京滋交流会

 私は北京と杭州へ旅したことがあります。中国の雄大な風景には憧れますね。

 

 

 

 

 

6.フルートアンサンブル・エクスユニ・グランクリュ

 羽生結弦クンとフルートで共演してみたいです!

 

 

 

 

 

 

7.チェロアンサンブルKOTO

 チェロは重そうに見えますが、そうでもないですよ。何歳からでも始められる弦楽器ですので、是非チャレンジしてください!

 

 

 

 

 

 

8.市民合唱団京都

 今日のために、テレビで「もののけ姫」を見たのですが、残念ながら最後までよくわからなかったです。

 

 

 

 

 

 

9.合同ステージ「上を向いて歩こう」

 各団体の熱演のあとは、アンコールとして、全ての出演団体が揃っての「上を向いて歩こう」をお贈りしました。お客様も一緒になって、大合唱で締めくくりました。

 

 たくさんのお客様にお越しいただき、ありがとうございました。

 

2016.09.21 呉竹総合支援学校による『環境・メンテナンス班 地域清掃活動』が実施されました。

呉竹総合支援学校による

『環境・メンテナンス班 地域清掃活動』が実施されました。

 

 平成28年9月21日(水)、京都市呉竹総合支援学校高等部1・3年生の7名に、『環境・メンテナンス班 地域清掃活動』として、呉竹文化センターの玄関自動ドア等の清掃をしていただきました。呉竹総合支援学校の皆様、ありがとうございました。


2016.09.10 韓国の音楽と踊りを楽しもう<アリラン・チャンゴ・おどりの体験>を開催します。【11月20日(日)】

地域文化芸術活動活性化協議会連携事業

韓国音楽踊りを楽しもう

アリラン(うた)・チャンゴ(たいこ)・おどりのたいけん

を開催します。

 

 韓国は日本に一番近い、おとなりの国です。韓国に古くから伝わる、アリランを歌いながら、チャンゴの伴奏で楽しくおどりましょう!

 日本のうたやおどりと、どこが似ていて、どこがちがうかな?

 

 

日 時:2016年11月20日)午後2時〜3時30分

会 場:京都市呉竹文化センター 創造活動室

 

出 演:金 一志 韓国舞踊家

企画協力:田中 多佳子 京都教育大学教授

入場料:無料

対象:小学校低学年以上の児童と保護者 30組

  ※事前申込みが必要です。往復はがき、FAX、Eメールでお申込みください。

    (電話は不可)1組につき、3名まで。おとなのみは不可です

 

お申込み・お問合せ:

  京都市呉竹文化センター

  〒612-8085 京都市伏見区京町南七丁目35番1  TEL 075−603−2463

     FAX 075−603−2465  Eメール kuretake@kyoto-ongeibun.jp

  お申込みに必要な項目

  参加者全員の氏名、年齢、性別、住所、電話番号

  ※申込締切 11月13日(日) 24:00 消印有効 申込者多数の場合は抽選とします。

 

 

主催:京都市呉竹文化センター(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)・京都市

 

 

 

 

2016.09.05 呉竹総合支援学校の職場体験実習が実施されました。

呉竹総合支援学校による職場体験実習が実施されました。

 

 平成28年8月31日(水)から9月2日(金)までの3日間、京都市立呉竹総合支援学校の高等部1年生の生徒3名が、呉竹文化センターにおいて、職場体験実習を行いました。

 ホール客席や楽屋の清掃、玄関の草取り等に、精力的に活動されました。

 呉竹総合支援学校の皆様、いつもありがとうございます。

 

 

2016.09.04 東ホワイエショーケースで「シャドーボックス」の展示が始まりました。

東ホワイエショーケースで「シャドーボックス」の展示が始まりました。

 

期間:平成28年9月3日(土)〜9月30日(金)

 

シャドーボックスは,3Dアートとも呼ばれ,中世のヨーロッパの貴婦人の間で親しまれていたデコパージュが発祥と言われています。その後移民とともにアメリカに持ち込まれ,現在のようなシャドーボックスの手法になったようです。

数枚の同じプリント(紙)を部分的に切り抜き,切り抜いた紙に丸みをつけ,シリコングルーで立体的に貼り合わせていきます。最後に,スプレーをかけます。できあがった作品は,まるで陶器のような光沢のあるものに仕上がります。

 

アンズフェロー主宰  安平次 治子

 

2016.09.03 【当会館分は完売しました】 みんなで遊ぼう!親子でコンサート 〜世界とおともだち!うたおう おどろう 楽しもう〜

2016.09.01 第23回学生お笑い呉竹寄席が終了しました。

ホールでの開催も10回目となる呉竹寄席。

 

毎年天気が気になる開催ですが、今回もなんとか天気が持ちこたえてくれました。

 

今回も緊張しながら高座に上がる学生とそれを見守るお客さんが一体となり
終始和やかな雰囲気で無事終えることができました。
いつも暖かい声援と拍手をどうもありがとうございました。

 

今年度は年1回の開催となります。次回は来年の8月に開催を予定しております。
ご近所お友だちをお誘いのうえ、是非呉竹文化センターにお越し下さい。

 

2016.09.01 平成29年度文化芸術活性化パートナーシップ事業 〜パートナー団体の募集について〜

 

   

   お問い合わせ:当会館  電話:075-603-2463

 

     『募集パンフレット』 はこちら

 

     『応募申込書』 はこちら